研削液製品

研削液製品

研削液は、セラミックス、金属など様々な材料の平面研削、研磨、スライシング加工などの潤滑、クーラント、加工液などとして使用されています。

用途

セラミックス、ガラス、金属、金型などの各種材料の研磨、研削、ワイヤーソー加工液

特徴

1.水性研削液(GRV、PRWシリーズ)

GRVシリーズ

  • 砥粒の分散性が良く、スクラッチなどの傷が入りにくい。
  • 固定砥粒(ダイヤモンド砥石等)加工のクーラント液として浸透性が極めて良好です。
  • 加工抵抗が低く、ワーク、砥石への影響を低減できます。
  • 切粉、スラッジの分散性が良い。
  • 防錆、防食性に優れ、金属などの切削及び、一般研削に使用できます。(銅、真鍮などを傷めません)
  • 水での洗浄性が良好です。
主な研材液 特徴 内容及び、用途 pH 容量
GRV-10068 凡用・低泡性 研削、切削の加工抵抗が低く、切断性能が高い。
平面研削、研磨などに使用する。防錆性が高い。
9.7 18L
200L
GRV-10168 中性・低泡性 研削、切削の加工抵抗が低く、切断性能が高い。
平面研削、研磨などに使用する。
中性 18L
200L
GRV-10808,10818 カットマークの低減 ダイシングソー専用液で、廃水処理を考慮した研削液。
排水性を良くする為に希釈液では防腐効果はありません。
9.7 18L
200L

[注意事項]  水道水もしくは軟水で、30倍に希釈してご使用ください。

PRWシリーズ(水防ワイヤーソー加工液)

  • 前後の工程が水系に変更できます。
  • 油性に比べて加工レートが高く低発泡性です。
  • 分散性に優れ、砥粒分散後、固化しにくい特長があります。
内容及び、用途 pH 容量
PRW-10118 粗い砥粒でも、沈降しにくい特長があります。
#400~4000用
9.7 18L、200L

2.油性研削液(GXV、PBWシリーズ)

GXVシリーズ(ワークへの化学反応を防ぐために開発された油性研削液です。)

  • 高純度な精製油を用いており、高精度な研削加工ができます。
  • 精密研磨及び、ポリッシングにも使用可能です。
  • 切粉、スラッジ等の分散性が優れているため、スクラッチなどの余分な傷が入りにくい。
  • 固定砥粒(ダイヤモンド砥石等)加工のクーラント液として浸透性が極めて良好です。
  • 加工抵抗が低く、ワーク、砥石への影響を低減できます。
  • 切粉、スラッジの分散性が良好。
  • 無臭であり、人体に対してほとんど害がありません。
  • 低粘度のため、作業性が良好。
比重 引火点
粘度(25℃)
cSt
流動点
内容及び、用途 容量
GXV-10068
無色透明
0.790 88 2.0 -70以下 内周刃、外周刃スライス加工、他切削、研削 18L、200L

PBWシリーズ(ワイヤーソー加工液)

  • 高純度な精製油を用いており、高精度な切断加工ができます。
  • 砥粒の分散性に優れ、分散後固化しにくい特長があります。
  • 切粉、スラッジ等の分散性が優れているため、スクラッチなどの余分な傷が入りにくい。
  • 無臭であり、人体に対してほとんど害がありません。
比重 引火点
粘度(25℃)
cSt
流動点
内容及び、用途 容量
PBW-30008-18
淡黄色
0.82 140 10.3 -60以下 内周刃、外周刃スライス加工にも使用可能 18L、200L